「幸せな本」について【『ぶっくぶっくに溺れて』より再掲】

honfan_logo

※本投稿は、以前のブログである『ぶっくぶっくに溺れて』から再掲しているものです。

<オリジナル投稿 2019-02-06 14:51:34 >

「幸せな本」について考えてみる。

「幸せにしてくれる本」ではない。

本自体の幸せ、である。

                *    *    *

・真剣に筆をとる著者がいること。

・真摯にぶつかり合う編集者がいること。

・出版したいと強く想う出版社がいること。

・内容を真に象徴するタイトルが付されていること。

・想いを深く理解した装丁家がいること。

・喜びを分かち合ってくれる印刷・製本業者がいること。

・たくさんの人の手に届けたいと願う書店員がいること。

そして、たくさんの人に、読まれること。

                *    *    *

この全てを満たした本は、世の中にどれぐらいあるのだろう。

世の中は厳しく、理想論では完結しない。

だから、こんな幸せな本は、現実には、ほとんど存在し得ないだろう。

けれど反面で、どこかで、意外にそんな本はたくさんあるのではないかと、真っ直ぐに思っている、いや、あってほしいと願っている、自分がいる。

みなさんの周りに、「幸せな本」はありますか?

この記事を書いた人
鈴木 征浩

鈴木 征浩 - Yukihiro SUZUKI -
本と書店とゲームと日本女子ソフトボールリーグとぬいぐるみとおいしいものとお酒が好きです。
株式会社opsol book 代表取締役社長/opsolグループ専務取締役。
出版プロデュースや編集業と、福祉医療関連事業をやっています。

鈴木 征浩をフォローする
鈴木 征浩をフォローする
hon.fan
タイトルとURLをコピーしました