丸善四日市店さんに行ってきました【『ぶっくぶっくに溺れて』より再掲】

honfan_logo

※本投稿は、以前のブログである『ぶっくぶっくに溺れて』から再掲しているものです。

<オリジナル投稿 2019-01-15 22:07:03 >

先日、丸善四日市店さんに初めて行ってきた。

私が知る限り三重県では最大の売り場面積を誇る書店だと思う。
近鉄百貨店四日市店さんの地下1階、全てのフロアに本が並べられている。大都市圏の百貨店に比べたらそりゃぁそんなに広くないのかもしれないけれど、それでも、見渡す限りの場所が本で埋め尽くされているというのは、本好き・書店好きにとっては心躍りまくるのは間違いない。

小さな書店も大好きで、いくつかを巡って、各書店でまだ見ぬ本との出会いに心ときめかせるのも良い。そしてやはり、たまに大きな書店で本と読書好きの方々の空気にまみれるのもまた、良い。

書店に集まる人たちは、やはりいい。

個々人のパーソナリティなど知る由もないわけなのだが、ある意味で絶対に仲良くなれる気がする。特に、色んなジャンルの棚をうろうろとしている方。分かりますよ……。

そして、書店員の皆さん。
決して楽な仕事ではないと思う。変なお客さんもいるだろうし、モノとしての本はとても重たいので腰痛に悩まされるだろうし、収入的に他業種と比較して群を抜いて高額だということもないだろう。
それでも、書店で働いている書店員の皆さんは、やはり、本が好きなんだろうな、といつも思う。各産業で嫌な店員さんに遭遇することがあるものだが、不思議と、書店員さんでそれほどすごく嫌な感じの店員さんに遭遇した記憶はない。思い出補正かな?

丸善四日市店さんぐらいの規模の書店なら、おそらく丸1日楽しめる。今回はそれほど時間をかけられなかった(と言いながら数時間単位で滞在しているのだが)ので、ぜひまた日を改めて、店内をくまなく見て回りたいと思っている。

この記事を書いた人
鈴木 征浩

鈴木 征浩 - Yukihiro SUZUKI -
本と書店とゲームと日本女子ソフトボールリーグとぬいぐるみとおいしいものとお酒が好きです。
株式会社opsol book 代表取締役社長/opsolグループ専務取締役。
出版プロデュースや編集業と、福祉医療関連事業をやっています。

鈴木 征浩をフォローする
鈴木 征浩をフォローする
hon.fan
タイトルとURLをコピーしました