『トラペジウム』に思う、本の幸せ【『ぶっくぶっくに溺れて』より再掲】

honfan_logo

※本投稿は、以前のブログである『ぶっくぶっくに溺れて』から再掲しているものです。

<オリジナル投稿 2019-01-29 18:49:27 >

高山一実さんの『トラペジウム』(KADOKAWA)が大人気である。

本年1月9日のニュースで、何と発行部数は13万部突破とのことであるので、話題の継続性を考えても、さらに発行部数を伸ばしていることは間違いないだろう。私は読めていないのだが、Amazonのレビューもかなり好評であり、内容的にも存在感がある作品なのだろうと思う。

一般小説で13万部発行といったら、現代に於いては大ベストセラーと言っていいだろうと思う。

そしてその作品が、本作がデビュー作となる新人作家の手によるものだというのだから、なおさらすごい。

高山さんが大人気アイドルグループに所属している大人気アイドルであることが、その売上に大きく影響していることは間違いない。作品先行ではなく、著者先行で売れるというケースの典型例だろう。

しかし、そんなことも全て含めて、『トラペジウム』という本は、幸せだ。

本にとって最も幸せなのは、たくさんの人の手に取られて、そこに記された作品が読まれることだから。

単純な話だ。

売れれば、その本は幸せだ。

売れなければ、その本は不幸だ。

『トラペジウム』という本は、間違いなく幸せなのだ。

この記事を書いた人
鈴木 征浩

鈴木 征浩 - Yukihiro SUZUKI -
本と書店とゲームと日本女子ソフトボールリーグとぬいぐるみとおいしいものとお酒が好きです。
株式会社opsol book 代表取締役社長/opsolグループ専務取締役。
出版プロデュースや編集業と、福祉医療関連事業をやっています。

鈴木 征浩をフォローする
鈴木 征浩をフォローする
hon.fan
タイトルとURLをコピーしました