角川文庫版 涼宮ハルヒの憂鬱・涼宮ハルヒの溜息 発売【『ぶっくぶっくに溺れて』より再掲】

※本投稿は、以前のブログである『ぶっくぶっくに溺れて』から再掲しているものです。

<オリジナル投稿 2019-01-25 14:38:21 >

角川文庫版『涼宮ハルヒの憂鬱』『涼宮ハルヒの溜息』が手許に到着。

やはり、感慨深い……。

スニーカー文庫版と並べてみたかったのだが、整理が悪く、すぐに発掘できない……ため、それはそれはまた後日として。

書籍にける装丁の影響力がどれだけ大きいか、ということも、改めて実感する。

最初からこの装丁で出ていたら、より成功していた、とは言わない。むしろトータルで考えた場合商業的には、今ほど成功していなかった可能性も高いと思う。ただ、最初からこの装丁で出ていたら、ハルヒ=ラノベと思う人はいなかっただろう、と思う。

まだ書店の店頭を覗いてはいないのだが、この角川文庫版『涼宮ハルヒの憂鬱』『涼宮ハルヒの溜息』が、一般文庫の棚で平積みにされていたら、きっとさらに、感慨深い。

この角川文庫版であれば、私の友人をはじめ、ラノベに親しみのない人でも、先ずは手に取って、ページをめくってもらえると思う。

今まで届かなかったたさくんの読書好きの手許に、キョンの語り口が届くことを、心から願っています。

さて、私にとって本は飾り物でもコレクションするものでもないので、当然再読……と行きたいところだが、現時点で読みかけている本や積ん読が山とあり……つらい……。

この記事を書いた人
鈴木 征浩

鈴木 征浩 - Yukihiro SUZUKI -
本と書店とゲームと日本女子ソフトボールリーグとぬいぐるみとおいしいものとお酒が好きです。
株式会社opsol book 代表取締役社長/opsolグループ専務取締役。
出版プロデュースや編集業と、福祉医療関連事業をやっています。

鈴木 征浩をフォローする
鈴木 征浩をフォローする
hon.fan
タイトルとURLをコピーしました