ひとりごとの始まり【『ぶっくぶっくに溺れて』より再掲】

honfan_logo

※本投稿は、以前のブログである『ぶっくぶっくに溺れて』から再掲しているものです。

<オリジナル投稿 2018-12-31 02:38:56 >

母と母方の祖父の近くには、いつも本があった。

  物心ついた頃には、家のどこかしこにに本が置いてある、外出する度に書店に立ち寄る、そんなことが当たり前だった。ふたりとも、特に高尚な本を好んでいたという記憶はない。その時その時興味を抱いた本を、読みたいように読んでいたのだと思う。

  そんなゆるい空気の中でもそもそと育った私の手の届く範囲には、常に本がある。家のどこかしこに本が置いてあり、外出する度に書店に立ち寄る。特に高尚な本を好むということはない。その時興味を抱いた本を、読みたいように、読んでいる。

  結局、本が好きなのである。

  残念ながら、大した読解力もない。深読みが苦手で、ただストレートに、記述されている文章を受け止める傾向にある。

  読書速度も極めて遅い。速読に憧れて数十年。未だ遅読しかできない。なのに本を買う。だから積ん読の山ができる。そして本を買うのを我慢するのだが、結局買いたい本リストがいっぱいになり、そして買いたい本リストへの登録も自粛するようになるのだが、読みたい本が増えていくという事実が変わるはずもなく、もう世の中読みたい本だらけである。

  と、これだけを書いたら、何だかやたら高尚な人間な気がしてくるのだが、実際は本と同じぐらい好きなことがほかにもいくつかあるわけで、ただ足りないのはすなわち時間、というわけである。

  そんな私なんだけどね。

  胸を張って言える。

  結局、本が好きなのです。

  そして、本について思うひとりごとを、垂れ流したいと思うようになったのです。

  読み苦しいはずだが、お赦しいただく他ないと、ひとり結論づけるのである。

この記事を書いた人
鈴木 征浩

鈴木 征浩 - Yukihiro SUZUKI -
本と書店とゲームと日本女子ソフトボールリーグとぬいぐるみとおいしいものとお酒が好きです。
株式会社opsol book 代表取締役社長/opsolグループ専務取締役。
出版プロデュースや編集業と、福祉医療関連事業をやっています。

鈴木 征浩をフォローする
雑記
鈴木 征浩をフォローする
hon.fan
タイトルとURLをコピーしました