未分類

カクヨムロイヤルティプログラムの向こうに見えるもの

カクヨムロイヤルティプログラムの第一弾が、とうとう今月末スタートする見込みらしい。第一弾は、小説公開ページ内に広告を表示することにより、マージンのようなものを作家が受け取ることができうという内容。ネットの世界ではある意味非常に...
未分類

本棚を持とう

あなたの本棚は、いつもあなたの味方だ。
未分類

無料の本から始まる研修生活

本から選ぶ新しい研修の探し方/『研修の窓口』がサービスを開始⇒ 毎月本が無料で届いて、会社に置かせてくれて、希望すれば、気に入った作品や社員に人気のある作品の著者に研修の講師をお願いしたり、講演をお願いしたりできるサービスの様子...
未分類

児童向け、本の帯づくりワークショップ

『本の帯づくり、児童ら夢中 梅田』 ⇒ 第15回大阪こども「本の帯創作コンクール」 に合わせて、大阪の梅花女子大学が児童向けワークショップを開催し、小学生や保護者44名が参加したとのこと。 本の帯創作コンクールは非常に意義...
未分類

サトシ・ナカモト氏が本を出版?!

『仮想通貨ビットコイン創始者サトシ・ナカモトが本を出版?アマゾンに2冊出現』⇒ サトシ・ナカモト氏である。 ご存じの方はすごくご存じだと思うが、サトシ・ナカモト氏と言えば、ざっくり言うところの、ビットコインの生みの親である...

Tara Books(タラブックス)

京都市で開催されるTara Books(タラブックス)の展覧会のニュースに思うこと。

本が売れないご時世ですが……【『ぶっくぶっくに溺れて』より再掲】

※本投稿は、以前のブログである『ぶっくぶっくに溺れて』から再掲しているものです。 <オリジナル投稿 2019-05-07 20:59:57 > 「トリセツ本」不安な夫の救世主? 妻の不倫、相談増加 こういう本は売れるんで...

「ブックデザイナーの仕様書展」だと……?!【『ぶっくぶっくに溺れて』より再掲】

※本投稿は、以前のブログである『ぶっくぶっくに溺れて』から再掲しているものです。 <オリジナル投稿 2019-05-02 11:34:47 > 本づくりの設計図となる“仕様書”と完成した本を合わせて紹介する「ブックデザイナーの...

本の返本率の話【『ぶっくぶっくに溺れて』より再掲】

※本投稿は、以前のブログである『ぶっくぶっくに溺れて』から再掲しているものです。 <オリジナル投稿 2019-04-19 20:15:56 > 出版業をスタートし、毎日地べたを這うように少しずつ前に進もうとしているところなのだ...

令和特需【『ぶっくぶっくに溺れて』より再掲】

※本投稿は、以前のブログである『ぶっくぶっくに溺れて』から再掲しているものです。 <オリジナル投稿 2019-04-11 03:38:18 > 万葉集に関する本が爆発的に売れているそうな。 言わずもがな、「令和」発表効果...
タイトルとURLをコピーしました